Text Size : A A A
Img_33e14c31e03aa651852026c01d6c7b72
僕がやっている「物々交換プロジェクト」は、交換すること自体が目的ではなく
コミュニケーションを創出することが一番の目的だ。
なので、交換回数や交換する物の良し悪しに強いこだわりはない。
交換する際に撮影する写真は、交換した証であり、僕と会話を重ねた証でもある。
たまにあるのだが、仲間で調子に乗って交換物を取り返すような交換劇は
なるべくお断りするようにしている。

どこで手に入れた物なのか。
どこに住んでいるのか。
どこの中学校なのか。
どんなお仕事をしているのか。

交換する時に色々質問をし、会話を作っていく。そして次の人に少し教える。
僕と誰かが出会いコミュニケーションを交わした記録を元に、一緒に作品を作っている。
そういった方が分かりやすいのかもしれない。
物々交換プロジェクトは、「余韻のアート」
僕は、人々の「非日常」を作っている。そう考えるようになってきた。